会社概要

SAP Signavio Process Governance

ワークフローを迅速かつ大規模に構築しプロセスライフサイクル,リスクそしてコントロールにガバナンスをもたらします。

Book a demo

プロセスライフサイクル活動にガバナンスを

SAP Signavio Process Governance ソリューションは、プロセスモデルを標準のワークフローに変換し組織全体での展開を行います。タスク調整、プロセス評価の継続監視、そしてプロセスガバナンスの確保を支援します。

SAP Signavio Process Governance

SAP Signavio Process Governanceは以下を実現:

number 1
承認による360度のプロセスガバナンスを確立
コラボレーティブな改善への直感的な設定とワークフローの発動
コード不要のワークフローでビジネスの成長に応じてスケールアップ
プロセス所有者のためのプロセス成熟度評価のスケジュール設定がコンプライアンス確保を支援
文書、分析とキーメトリックスを含む360度のプロセスランドスケープを獲得
仕事のやり方によるバラつきを減らし一貫した高品質な結果の確保を支援

ソリューション概要:

プロセスリリースサイクルを管理

プロセス承認とプロセス公開の自動化を開始します。プロセス属性を選択することによって、プロセス所有者、リスク所有者、および品質管理者とそれぞれのタスクを設定します。そして、プロセス承認、リスクとコントロール評価、成熟度評価のための属性に応じて、ユーザーをマッピング、通知できます。

SAP Signavio Process Manager ソリューション (要ライセンス) からプロセス承認と成熟度評価を直接トリガーすることで、増加しているプロセスコンプライアンスを容易にします。承認が得られれば、プロセスを自動的に公開でき、文書化もできます。

複数レベルのプロセス成熟度評価を推進

標準BPMN表記を使用してワークフローを設定します。スプレッドシート不要で、タスクを直接追跡します。

同一のアプリケーションを設定しワークフローを実行使用すれば、SAP Signavio Process Intelligence あるいは外部のBI ツールでデータ分析ができます。

手動の判断を自動化・標準化でき、誤判断のリスクを軽減し、効率的なオペレーションを推進します。

ワークフローと日々使用しているクラウドベースのソフトウェア(例:Salesforce、Google Drive、自社独自のITシステム)での特定のタスクを統合します。

プロセスと統合されたリスクとコントロール管理を提供

SAP Signavio Process Governanceの辞書を使用して、リスクとコントロールを1か所で、中央管理します。リスクとコントロールを任意のフォルダーに整理し、さらに容易に構造化します。

プロセス所有者は、リスクとコントロールの各項目がビジネスプロセス内のどこで使用されているかをチェックできます。さらに作成した全ての項目は、プロセスまたはリスクにリンクできます。

コラボレーションを強化するために、全てのリスクとコントロール項目をSAP Signavio Process Collaboration Hub (要ライセンス)に表示できます。

専門知識不要で迅速にワークフローを設定構築

直感的で即使用できるエンジンで、求める結果を得られます。標準ビジネスプロセスモデルおよび表記法を使用しワークフローを設定し、スプレッドシート不要で、タスクを直接追跡します。

同一のアプリケーションを設定しワークフローを実行使用すれば、SAP Signavio Process Intelligence あるいは外部のBI ツールでデータ分析ができます。
手動の判断を自動化・標準化でき、誤判断のリスクを軽減し、効率的なオペレーションを推進します。

ワークフローと日々使用しているクラウドベースのソフトウェア(例:Salesforce、Google Drive、自社独自のITシステム)での特定のタスクを統合します。